お問合せ先.075-251-6677
貴金属の豆知識
トップページ > 貴金属の豆知識

金・プラチナについて

金やプラチナは純度によって金額が変わってきます。



金やプラチナは、純度が高いほど質としては高くなります。
純金や純白金は、そのまま使用するともろいので、用途に合った強度を出すために、他の金属を混ぜます。

ダイヤモンドについて

ダイヤモンドは Carat(重量) Color(色) Clarity(透明度) Cut(全体な形のバランスと研磨の仕上がり)の4Cで評価します。これら4項目の頭文字がすべて"C"で始まることから「4C」と呼ばれています。

Carat(重量)
宝石の重量を表します。 1ct は0.2gです。
一般的にメレダイヤと呼ばれるものは、0.2ct 以下のダイヤを指します。

Color(色)
無色透明に見えるダイヤモンドも、実際はごくわずかな黄色の色調を帯びています。
熟練した観察者の目により、DからZまで等級付けしたもの。

Clarity(透明度)
十倍に拡大して内包物の有無・位置・種類などを判断し、FLからIまで等級付けしたもの。

Cut(全体的な形のバランスと研磨の仕上り)
プロポーションと呼ばれるダイヤモンドの善し悪しと、フィニッシュ(仕上げ)と呼ばれるダイヤモンドのシンメトリー(対称性)・ポリッシュ(研磨状態)の善し悪しを総合的に判断したもの。

キュービック(CZ)
模造ダイヤとも呼ばれ、宝飾品に用いられます。天然のダイヤとは違い、内容物もありません。 屈折率がダイヤとほぼ一緒のため、同じような輝きに見えます。

鑑定・鑑別の違い

鑑別書
宝石の種類と天然かどうかを証明するものであり、宝石の価値を決めるものではありません。

鑑定書
ダイヤモンドにのみ発行され、宝石鑑定士が世界に共通する基準で鑑定します。
ダイヤモンド1石につき1つの鑑定書が発行されます。
鑑定内容は4Cに沿ってグレードが記載されます。

エルメスの刻印

エルメス社製のバッグや財布には、多くの場合、製造年を表すアルファベットの『刻印』が打刻されています。下記の表にて刻印と製造年の関係をご確認できます。

貴金属の豆知識
スタッフ紹介
よくあるお問い合わせ